:受験:神様 :ドラマ :中学受験

中学受験小説版受験の神様 家庭教師ジョーカーの「中学受験物語」 

実際の家庭教師が書いた笑って泣けて心温まる中学受験の物語!受験でぎくしゃくしがちな親子の絆を深めながら、中学受験の実態や効果的な勉強法もご理解頂けます。親子でどうぞ!リンクフリー

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


中学受験物語 1-1第一章 授業はわかるのに点が取れない1

物語 ] 2007/07/09(月)

「小説 受験の神様 家庭教師が書いた謎の家庭教師と中学受験母と子の物語」

 


 
第一章   授業はわかるのに点が取れない

 

  東京渋谷から横浜を走る東急東横線武蔵小杉駅の近く、小学六年生のひとり息子をかかえるふつうの主婦がいた。名前をかおるという。

  いきなり話がそれるが、彼女は自分の「かおる」という名前が好きではない。どうして両親はこんな名をつけたのだ、と思うこともあった。少々乱暴だが、以前からいっそのこと名前をちがうものにかえてしまいたいとさえ思っていた。

  いや、これは正確な表現ではない。子供の頃は結構気に入っていた。

  ではなぜ嫌いになったか。それは、結婚を期に自分のみよじが夫のみよじ「みたらい」に変わったからである。

  「御手洗」とかいて「みたらい」と読む。しかしこれを「みたらい」と読める者は少ない。多くの人は間違ってつい「おてあらい」と読んでしまう。相手に悪気(わるぎ)はないのはわかっていることなのだが、かおるはそれがとてもいやだった。

  たまたまだんなの姓が「御手洗(みたらい)」だっただけである。だが、それに「かおる」という名前がつくと、まるでにおいのついた便器みたいでたまらなく不快だった。病院や銀行などで「おてあらいかおる」と呼ばれて周囲からもれた笑いに、肩身の狭い思いをしたことも数知れない。今後二度とそのような呼ばれかたはされないよう、最近では氏名のふりがな欄にひらがな・カタカナ、さらにローマ字まで書いて奮闘努力している。

    結婚して三年後、男の子が生まれた。待望の第一子に、子供にはこのような生き恥はかかせたくないという強い思いから、命名(めいめい)にはかなり神経をつかった。ただでさえみよじがトイレと連想されやすいだけに、下手な名前を付けて一生人からからかわれてしまうようではいけない。万が一「御手洗(みたらい)」を「おてあらい」と間違えて呼ばれてもいいように、トイレと結びつきそうな名前はことごとく候補からはずしたのである。

  したがって、「総司(そうじ)」「清(きよし)」とかはもちろん「大作(だいさく)」とかいう名前も一発で削除された。

そうして慎重に慎重を重ねた結果、世をやすらかなものにしてほしいという願いをこめて、その男の子に「靖世」という名をつけた。これなら「おてあらいやすよ」と誤って呼ばれても、それほどおかしくはない。「おてあらいそうじ」などからみればだいぶ増しだ。

  かおるのその計らいは図に当たった。靖世は小柄で気も弱くいじめる標的には格好の少年であったにもかかわらず、今日までトイレと名前を結び付けてからかわれたりいじめられたりということは一度たりとてなかったのだ。その意味で、かおるの思(おも)わくは成功した。

  ところが、彼女がにんまりとするのはまだ早かった。学校でも塾でも靖世の周囲の者はそのような呼び方をしない代わりに、あたかも自分の裸をいきなりのぞかれてあわてて手で前を隠すようなポーズをとりながら、抑揚をつけフルネームで靖世を呼んだ。

  「見たらイヤッスよ!」  

 御手洗靖世はその後の人生を、誰からもこうよばれることになってしまったのである。

  こうなると、そういう母の名付けの配慮などどこかに飛んでいってしまう。

  「なんでこんな名前にしたんだああー」とわめく靖世に、

  「人間名前じゃないのよ。中身が大切なのよ」と、 あれほど名前にこだわった母かおるは手のひらを返したように言いわけし、説き伏せるしかないのであった。

  と、まあ、ここまでは、仲がよいのか悪いのかよくわからない、ごくふつうの親子である。


  授業がわかるのに点が取れない2 中学受験物語につづく>>

 中学受験 塾家庭教師も知らない速効偏差値10UP勉強法

21:50 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




< < 前のページ | このページの先頭へ。物語が表示されない場合はタイトルをクリックして下さい | 次のページ > >

日めくりカレンダー 水玉

プロフィール

受験のキリフダ

Author:受験のキリフダ
できない中学受験生を逆転支援する塾&家庭教師をやってま~す。
 
 希望を失っている中学受験生とその親の笑顔のために、日夜奮闘しています。試行錯誤・研究と反省の結果、偏差値10上げるくらいなら、コンスタントに出るようになってます。フフフ、受験はアイデアよ!
  
 興味あったら、こちらも見てやって下さい。
効果的な勉強法も学習のヒントもありますよ。
 
私のホームページはこちら(インターネットエクスプローラーで見て下さい)

 現在中学受験逆転支援塾「アップスタート」を主宰し、指導及び教材開発などをしております(http://www.kirifuda.jp)。


 私は、小学生以下の年齢の教育の重要性を強く認識しております。
 そして心身ともに優良でかつIQ200以上の天才児というのは、育てられると確信しております。

 私は現在の日本の教育改革の方向性を明らかにするためにも、
「天才児を育むプリスクール(乳幼児のための教室)をつくりたい」という夢を持っています。
 
人材面、人脈面 資金面、その他まだまだ色々な面で足りないのですが、
ご協力いただける方は、お申し出いただけますと幸いです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。